クッキング

雪見がき

2018/02/23 (金) 10:58
 寒い冬にしみじみおいしい、たっぷりの大根おろしを雪に見立てたおかず。カキのうまみがぎゅっと詰まっています。
 
大根おろしとまぶした小麦粉で
カキのおいしさを包み込みます
 
1人分 ■101kcal ■塩分:2.1g ■ 調理時間:15分
 
【材料(4人分)】
大根(すりおろし、水気をきる)…… 300 g
カキ(生食用)………………………… 100 g
酒………………………………………… 小さじ1
小麦粉…………………………………… 大さじ1
春菊……………………………………… 50 g
シイタケ………………………………… 2個
ニンジン(輪切り、5mm厚さ)…… 2枚
  A.だし………………………… カップ3/4
  A.酒・しょうゆ……………… 各大さじ1
  A.みりん……………………… 大さじ1/2
 
 
 
【作り方】
①カキは塩水(材料外・水カップ1+塩小さじ1)で洗い、水ですすぐ。
 水気をふき、酒をふる。
②ニンジンと春菊をゆでて、春菊は4cm長さに切る。
③シイタケは軸をとり、飾り切りにする。
④カキに小麦粉をまぶす。
 鍋にAを煮立て、シイタケを1分煮てから、カキを加えて1~2分煮る。
 ②に大根おろしの半量を加えて火を止める。器に盛り、残りのおろしをのせる。
 
 
 
 
【お料理メモ】
 
海水程度の塩水でカキを手早く洗う
 
 カキ(真ガキ)は寒い季節においしい食材のひとつ。「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養分がたっぷりで、特に味覚や免疫機能を高める亜鉛が多いことでよく知られています。むき身は「生食用」「加熱調理用」と表示されて売られていますが、「生食用」は食品衛生法の基準(生育から保存までの菌の数)に基づいたもので、鮮度の違いによるものではありません。「雪見がき」は加熱時間が短いので、生食用を使いましょう。調理する時は、殻のかけらが付いている場合があるので、海水程度の塩水(水カップ1に塩小さじ1の割合)で洗ってから真水ですすぎます。
 
 
 
 
料理提供:ベターホームのお料理教室
料理写真:大井 一範