クッキング

タイと春野菜のサラダ仕立て

2018/03/22 (木) 15:00
 タイの刺し身と、シャキシャキとした食感が楽しめる春野菜を使ったサラダ。ゆずこしょうの手作りドレッシングが食欲をそそります。
 
彩り豊かな旬の食材で作るサラダ
おもてなしの一品にもお勧めです
 
1人分 ■170kcal ■塩分:0.4g ■ 調理時間:20分
 
【材料(4人分)】
タイ(刺し身用)………………… 2 さく(200g)
ウド …………………………………1 本(300g)  
ゆでたけのこ……………………… 100g
レタス ………………………………3 ~ 4 枚
 ニンジン ………………………… 4cm(30g)
(あれば)木の芽………………… 5 ~ 6 枚
  A. 酢………………………………… 大さじ2
  A.  ゆずこしょう… ……………… 小さじ1
  A.  しょうゆ… …………………… 小さじ2
  A.  砂糖… ………………………… 少々
  A.  油… …………………………… 大さじ2・1/2
 
 
 
 
【作り方】
① ウドは4cm長さに切り、皮を厚めにむく。
  短冊切りにし、酢水(材料外:酢大さじ1+水カップ2)にさらし、水気をきる。
  たけのこの穂先は薄切り、根元は短冊切りにし、さっとゆでて冷水にとり、水気をきる。
② ニンジンは千切りにし、レタスはちぎる。
③ タイは3~4mm厚さのそぎ切りにし、皿に並べる。①②を一緒に盛り、木の芽を散らす。
④ Aを混ぜて回しかける。タイで野菜を巻くようにして食べる。
 
 
 
 
 
【お料理メモ】
 
ウドの香りと食感を生かす
 
 みずみずしい旬の食材を集めたサラダです。中でもウドは独特の香りがあり、生のままシャキシャキとした歯ごたえが楽しめるのは春ならでは。皮は繊維が硬いので、厚めにむいて使いましょう。切ったあとは、そのまま放置すると変色してしまうので、すぐに酢水に5分ほどさらします。長く漬けていると香りが損なわれてしまうので注意しましょう。
 むいた皮は、小枝などと一緒に細く切って(うぶ毛もそのまま)、きんぴらにすると無駄なく使えます。選ぶときは、全体的に太くピンとしており、うぶ毛がしっかりついていて触ると痛いくらいのものを。ウドの栄養価はあまり高くないですが、抗酸化作用のあるポリフェノールを含んでいます。
 
 
 
 
料理提供:ベターホームのお料理教室
料理写真:大井 一範