クッキング

ジャガイモと牛肉の バターしょうゆ煮

2018/09/18 (火) 01:22
仕上げに加えるバターが風味付けのポイントです
 
 素材のうま味を生かした、手軽でおいしい料理です! バター風味にアレンジした肉じゃがは、シンプルながらコクのある仕上がりに。
 
1人分 ■325kcal ■塩分:1.5g ■ 調理時間:25分
 
【材料(2人分)】
牛肉(切り落とし)………… 100g
ジャガイモ…………………… 350g
バター………………………… 10g
水……………………………… 200ml
しょうゆ……………………… 大さじ1
(飾り用)万能ネギ………… 3本
 
 
【作り方】
 
①ジャガイモの皮をむき、3~4cm大に切って水にさらす。万能ネギを3cmの長さに切る。
 牛肉を4~5cmの長さに切る。
②鍋に水気を切ったジャガイモと半量のバターを入れ、その上に牛肉を広げる。
 強めの中火で、牛肉に少し焼き色がつくまで、2分ほど炒める。
③分量の水を加えてふたをし、ジャガイモが軟らかくなるまで10~15分煮る。
 (途中で何度か混ぜ、煮汁がなくなりそうなら、水少々を足す)
④ふたを取って水分を飛ばし、しょうゆと残りのバターを加え全体を混ぜる。
 器に盛り、万能ネギを散らす。
 
 
 
 
【お料理メモ】
 
ジャガイモは品種を分けて
 
 ジャガイモは「男爵」と「メークイン」が代表的な品種。「男爵」はホクホクとした食感でコロッケやポテトサラダに、「メークイン」は煮くずれしにくいので煮物向きです。また、「キタアカリ」はほっくりして食味がよいですが、煮くずれしやすいこともあります。お好みで使い分けましょう。
 ジャガイモの主な成分はエネルギー源となるデンプンで、抗酸化作用のあるビタミンCも豊富です。一般的にビタミンCは加熱により損なわれやすいものですが、イモ類のビタミンCは熱に強いという特徴があります。
 芽や、緑色になった部分には「ソラニン」という有毒な成分が含まれているので、芽は包丁の刃元や皮むき器の芽とり部分でえぐりとり、緑色の部分は皮を厚めにむいて、取り除きましょう。
 
 
料理提供:ベターホームのお料理教室 / 料理写真:大井 一範