クッキング

鶏肉とキャベツのレモン蒸し

2019/02/17 (日) 15:32
レモンの酸味を効かせた蒸し料理
レンジで加熱して器ごと食卓へ
 
 さっぱりとして風味の良いレモン蒸しは、レンジを活用して、簡単・短時間で作れるヘルシーなおかず。
野菜はかさが減るので、たっぷり食べられます。
 
 
1人分 ■263kcal ■塩分:0.9g ■ 調理時間:15分
 
【材料(2~3人分)】
鶏肉(唐揚げ用)……………………… 200g
  A.塩……………………………… 小さじ1/6
  A.こしょう……………………… 少々
キャベツ………………………………… 200g
パプリカ(黄)………………………… 1/3個(50g)
  B.塩・こしょう………………… 各少々
  B.オリーブ油…………………… 小さじ1
レモン…………………………………… 1/2個
白ワイン………………………………… 大さじ2
イタリアンパセリ……………………… 適量
 
 
【作り方】
 
1. 鶏肉はAで下味をつける。
2. キャベツはざく切りに、パプリカは長さを半分にして5mm幅の細切りにする。
   耐熱皿にのせ、Bをまぶす。
3. レモンはよく洗い、5mm幅の半月切りにする。
4. [2]の上に、鶏肉とレモンを並べる。
  白ワインを全体にふり、ラップをふんわりとかけて電子レンジ(500W)で約6分加熱する。
5. 仕上げにイタリアンパセリをちぎって散らす。
 
 
【お料理メモ】
 
つけあわせを一緒に調理
 
 電子レンジは食材の下ごしらえや料理の温め直しだけでなく、蒸し物にも便利です。鶏肉とキャベツのレモン蒸しは、レン
ジ対応の器に下味をつけた野菜を敷き、肉をのせて加熱するだけ。主菜とつけあわせが同時に調理でき、肉のうまみが野菜に絡んでおいしく仕上がります。シンプルな味付けながら、たっぷりのレモンで香り良く、見栄えも華やか。鶏肉は唐揚げ用などにカットされているものを使えば、切る手間が省けて時短にも。下味をつけるので全体に味がまんべんなくいきわたります。加熱
時間はレンジのワット数によっても変わるのでレシピを参考に、肉に火が通っているか確認して取り出しましょう。 早春の野菜・菜の花は、ビタミンCやカロテン、鉄などが多く、栄養豊富な緑黄色野菜。今回のような炒め物にすると下ゆでの手間なく手軽で、栄養の流出も抑えられます。茎の太いところは縦半分に切って使いましょう
 
 
 
料理提供:ベターホームのお料理教室 / 料理写真:大井 一範