会員提供情報

皆既月食の「赤い月」を撮影(2)

サワ2018.02.03

皆既月食の「赤い月」を撮影(2)
 カメラは、Nikon-B700(光学60倍)という比較的安もので、三脚も同様。8cmの屈折望遠鏡もあるが、カメラとの接続が厄介なので、直接、カメラを月に向けるだけにした。
 カメラの設定も、マニュアル設定でなく、オート撮影モード「月」を選択。自動的に、「無限遠、タイマー2秒、フラッシュなし」となる。あとはカメラを被写体へ向けるだけでよいらしい。撮影では、倍率が高いと欠けた模様が分かりづらいので、50~60倍と20倍くらいの2つの倍率で行った。掲載写真の一部は、2つの倍率で撮った写真を1枚へ合成し、欠け具合が分かりやすくしてみた。
[写真=使用したカメラと三脚]