会員提供情報

会員提供情報について

ローズ倶楽部会員さまが、一般の方へも見てほしいトピックス、話題や情報などを投稿してください

投稿する
御岳の麓で、今年も赤そばの花が
 偶然に、昨年と同じ日に、御岳ロープウエイへ。乗り場前広場では、今、赤そばの花が見事に咲き誇っています。
 乗車場からの御岳は、あいにく雲で隠れてしまっていたが、遠くから見ると、まだ、時折、水蒸気があがっているのがわかる。
 頂上駅周辺は、高山植物が見られるが、数センチの灰が積もったとの...

真っ赤に染まる御岳
開田高原の春は、まだ来ない。主要道路に雪はもうないが、畑は1m以上の残雪。
曇っていた空が一気に真っ赤になり、太陽が御岳の向こう側へ沈みかけた瞬間、山は一面の深紅の世界へ。
今まで曇りや雪の日が多かったので、大変珍しい光景に出合いました。
日増しに少なくなってきた噴煙(水蒸気=画面左...

開田高原の紅葉は足早に
 「日本で最も美しい村」連合に早くから(2006年)加盟の開田高原(木曽町全町は2011年)。その開田高原の紅葉、11月中旬に訪れた時は、すでにおわりに。
 御岳(東北東から見る)山頂付近は、うっすらと雪化粧へ。噴火から2カ月経過の噴煙も、少なくなってきました。

御岳の麓で、赤そばの花が楽...
 伊那谷の“赤そば”は有名ですが、木曽谷でも見ごろを迎えています。
御岳ロープウエイ乗り場前の大きな花畑の奥で、赤そばの花が見事に咲き誇っています。コスモスと競演です。
そこから、万年雪がわずかになった御岳がすばらしい。
 今年の夏は、雨が多かった開田高原では、トウモロコシの生育が遅れ...

残雪もほとんどなくなった御岳
春と夏がいっしょに過ぎ去ったような開田高原。
ほとんど毎日、雨続きの8月も終わり、
トウモロコシの生育は2週間くらい遅れているとか。
そして、生産者さんから「サルに3000本やられた」との話も。
9月末には、もう紅葉が始まるという御岳。

春の開田高原、これぞ正に“原...
国道361号線、開田高原に少し入った左側に見えてきます。道路右側には水芭蕉も見られ、車も止められます。

開田高原の“ドイツ・トウヒの...
 開田高原の「木曽馬トレッキングセンター」の御岳側100mにある、個人が造られた3万坪もある「森と池」を訪れた。
 昭和38年、開拓で入植されたKさんが、育てに育てた、ひと呼んで「ドイツ・トウヒの森」。正式な名称はなく、「皆さんが勝手にそう呼んでいるようですよ」と。
 たまたま庭仕事に出ら...

開田高原の“ドイツ・トウヒの...
 大きな池(人造)が4つもあり、その脇を通って奥まで約1万本の樹木が3万坪の庭園に整然と育てられている。池には水芭蕉が盛ん。これからスイレンが秋まで咲くという。トウヒが主役の森は、静寂そのもの。見事に手入れが行き届いていて、なんと清々しいことか。
 一声かけられてから、散策されるとよいでしょう。

GWの御岳
 5月のGWのある日。数日間のぐずつき模様が一変し、今日は快晴の開田高原。木曽御岳を眺望するシンボル的な存在を誇る「木曽馬の里」界隈へ寄ってみた。周辺には、もう雪がないが、軒下などでは見ることができる。
 木曽の5月は、ふきのとうや水芭蕉、桜を初め木々が一斉に開花する。その中で、特に「木曽馬...

今冬の雪景色も終わり?御岳...
一昨日は雨、昨日は一転し吹雪模様、そして今日は快晴の開田高原。
そのシンボル的な存在を誇る「木曽馬の里」界隈からみた御岳とコナラ。
積雪はおよそ1mくらいか。左に樹齢200年のコナラ。
右はシラカバの林。こんなに晴れ上がった日は珍しく、思わずパチリ。
地元の人は「もう3月下旬。そろ...