イベントレポート

養老鉄道 薬膳列車の旅

2018/09/05 (水) 01:25
養老鉄道 薬膳列車の旅
8月30日。養老鉄道の薬膳列車に揺られて、体に優しい薬膳料理をいただきました。
薬膳列車は、廃線の危機に瀕していた養老鉄道の起死回生のヒット企画でこれまでに3万人の利用者があったそうです。
 
12時45分、3両編成の真っ赤な車体の薬膳列車が発車します。
3両中、2両は一般車。薬膳用の車内には白いテーブルクロスの食卓が隙間なく並んでいます。この日はフレンチ仕立ての「ビストロ薬膳」。13種の薬草を漬け込んだ食前酒で乾杯。すっきりとした口当たりは体に良さそうです。低糖質のふすまで作ったパンやこんにゃく麺、黒ニンニク。どれも美味しい!
 
電車は揺れながら、どんどん進みます。情熱的に薬膳について語るスタッフによると、電車の揺れが消化にいいとの事。思わず納得してしまいそうになりました。
 
食後の車内販売では激安の黒ニンニクが飛ぶように売れていました。電車旅と食事、健康講座、ショッピングが1時間30分に凝縮された濃い企画となりました。