講座レポート一覧

「消しゴムはんこの世界」3クール目講座が始まる

 4月3日、昨年10月から始まった「消しゴムはんこ」の3クール目講座が始まりました。参加者のひとりがさっそく新元号「令和」をご家庭で彫り、5cm角くらいの色紙へ押してお持ちになり、みなさんへ披露。和やかな雰囲気の中で、講座がスタート。
詳細はこちら

「自分好みの“みそ汁”を探そう講座(1)

 2月19日、みそ汁協会代表理事廣井栄治氏を講師に迎え、「自分好みの“みそ汁”を探そう」講座が開催されました。“みそ汁”に特化した講座は珍しく、昨年に続いて3回目の講座。今回は、“出汁を工夫してシニアに優しいみそ汁を”がテーマ。  はじめに、和出汁の5つの基本...
詳細はこちら

「自分好みの“みそ汁”を探そう講座(2)

 続いてさらに詳しく、例えば、かつお節に関しては、漁港別の種類・特徴、薄削りと厚削りの使い方、家庭でのおすすめを、昆布については、北海道各産地の特徴や家庭でのおすすめ、その扱い方や保存法まで、細かなアドバスも。 [写真=素材を手に取って理解を深めました]
詳細はこちら

「自分好みの“みそ汁”を探そう講座(3)

 そして、素材ごとに水出しテクニックを伝授。いよいよ水出しした「かつお節、煮干し、昆布、椎茸」」の出汁を味見。さらにみそと合わせて自分の味を見つける体験へ。10種類ものカップ(シールで色分け)を前に味見を続け、 「料理の幅が広がったわ」、「これからは産地にもこだわりたい」などの声も。正に「自分...
詳細はこちら

「トロッケンクランツを楽しむ」始まる(1)

 1月23日、トロッケンクランツ認定講師村田淑子先生の1Day講座が開かれました。はじめに、木の実を使った作品の概要と仕組み、これから使う木の実の紹介から細かな組付けのノウハウなど、基礎から技術面までを、素材や道具を手に取って説明。 [写真=受講者へ直接アドバイス]
詳細はこちら

「トロッケンクランツを楽しむ」始まる(2)

 いよいよ先生が用意された素材を使って、作業開始。配布された木の実は、ストローブマツ、ヒマラヤスギ、マツ、カラマツ、チャンチンモドキ、ヒメグルミ、トチノミ、モミジバフウ、メタセコイア、コノテガシワ、サイサンボク、ハス、ヤシャブシ、アオリンゴ、リンゴなど20種近く。そして、組付けるカゴ、リボン。...
詳細はこちら

「トロッケンクランツを楽しむ」始まる(3)

 「拾った木の実で、こんな素敵な作品が作れるなんて!」の声の中、受講者の手際のよさもあって、予定より早く完成。お互いに作品を見せ合い、「木の実が好きなので、とても楽しかった」、「1day講座ではなく、毎月開いて!」、「はじめての体験でしたが、楽しくできました」など、和気あいあいの雰囲気の中、各...
詳細はこちら

ことばの四方山 朗読発表会

12月10日。ローズ倶楽部セミナールームにて、朗読講座受講生のみなさんによる朗読発表会が開催されました。   物語や詩、エッセイ、童話、古典などにそれぞれの想いをのせて、読み上げます。   日々の講座で練習をしてきた集大成。 読む人も聞く人も、それぞれの物語の中まで入り込み...
詳細はこちら

健康寿命を延ばす“生活習慣と健康の関わり”

 11月8日、愛知医科大学衛生学講師・医学博士梅村朋宏先生の表記講座が開催されました。サブタイトルは、「ヒートショックの話を中心に」。  はじめに、人が有する適応能力と健康管理について、具体例を挙げて、「人は、青いものがマズそうに感じるのはなぜ?」、「人は、夜、怖く感じるのはなぜ?」・・・...
詳細はこちら

会員さんが話題提供「高原野菜づくり」楽しみと田舎生活

   10月16日、会員の脇田徳路さんと大澤憲二さんが話題提供者になり、田舎での野菜づくり生活へのいきさつ、地域選びの経緯、購入か借りるか?、高原での野菜づくり(種まき、育苗、収穫、動物との共生)・・)、地元との交流、貢献などから、その喜びと苦労までを話されました。脇田さんは岐阜県白川...
詳細はこちら