講座レポート

初めての“ソープカービング”1day講座

2019/07/01 (月) 16:54
初めての“ソープカービング”1day講座

 7月1日、カービングサロンKIZUNA認定講師吉田衣里先生を講師に、1day講座が開かれました。「タイの王様に出す料理は、華やかさを添えるためにフルーツなどの模様を彫る(カービング)習慣が・・・」の由来から始まりました。今回は、フルーツではなく使うのはソープ。ナイフの持ち方、ナイフの入れ方・切り方、ソープの持ち方など基本的な紹介から細かな彫りのノウハウなど技術面までを説明、実際に受講者の手を取って制作へ。
[写真=レッスンの様子]
 
 先生が用意されたカービング用ソープを使って、彫り作業を開始。せっけんをふたつに分割し、ふたつのヒマワリの花を1時間かけて彫り始めました。先生の「切りすぎたらボンドで簡単に付きますよ」にひと安心。「先生のように、端がうまく切り落とせない」の声も。だんだん慣れるにつれ「みなさん、お上手ですね」の先生の声に励まされ、ふたつのヒマワリの花が完成。
[写真=彫りレッスンの様子]
 
 いよいよアレンジの段階へ。ヒマワリの花を組み付けるカップ、リボン、コスモス(造花)、葉っぱ(同)などの配布を受け、それぞれ自分の好みの自由な飾り付けへ。予定の1時間半内にすべての作業を終え、「はじめての体験でしたが、楽しく出来ました」と、和気あいあいの中、各自作品をお持ち帰りになられました。
 
[トップ写真=完成した作品]