講座レポート

初めての“フルーツカービング”1day講座

2019/09/05 (木) 15:10
初めての“フルーツカービング”1day講座
 9月2日、カービングサロンKIZUNA認定講師吉田衣里先生を講師に、1day講座が開かれました。初体験の参加者が多いため、「タイの王様に出す料理をフルーツなどの模様で彫る(カービング)習慣があった」など、その由来の紹介から始まりました。前回7月の講座では、ソープをカービングしましたが、今回は、フルーツのメロン。ナイフの持ち方、刃の入れ方・切り方など基本的な紹介から細かな彫り方ノウハウなどの伝授へ。
 
 
[写真=受講者へマンツーマンのアドバイス]
 
 先生が用意されたメロンを使って、彫り作業を開始。先生から借りたカービングナイフを使い、“彫り過ぎない"、“浅過ぎない”ように、最初はかなり難しかったよう。慣れてくると彫り速度もアップ。「お上手ですね」の先生の声に励まされ、1時間半近くかけて完成。
[写真=カービング前のメロン]
 
 「はじめての体験でしたが、楽しく出来ました」の声のほか、「飾るのも良いけど、早く食べてみたい」「熟すまで待てない」「熟し加減は香りで分かる」などの声も。和気あいあいの中、講師が用意してくれた袋に入れて、各自作品をお持ち帰りになられました。
[トップ写真=完成した作品を前に]