ひとくち法話

文/真宗高田派本山 専修寺(せんじゅじ)


第六回 今月の言葉 良時吉日えらばしめ

 この見出しの言葉は、親鸞聖人が晩年厳しく自己告白されました『愚禿悲歎述懐和讃』の一首によるものです。  「僧侶も俗人も良時吉日を選んでいる。良時吉日に支配されているではないか」という聖人の悲痛な受け止めの言葉です。  ここで言う良時吉日とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口という六曜...
詳細はこちら