ひとくち法話

文/真宗高田派本山 専修寺(せんじゅじ)


第十回 今月の言葉 現世利益

 現世とはこの世のこと。利益は仏教では「りやく」といい、現世に息災、延命などの利益を得ることと辞典にあります。  願い事や欲望を叶えるため、神や仏に願ったり祈ったりしていないでしょうか。ご開山の高僧和讃は、南無阿弥陀仏ともっぱら称えていても、家内安全、商売繁盛、息災延命など現世利益を得よう...
詳細はこちら