ひとくち法話

第七回 今月の言葉 お浄土

2019/10/22 (火) 15:13
第七回 今月の言葉 お浄土
 「人は死んだらしまいさ、地獄や極楽なんてありはしないさ。生きている間に、好きなことをしなくては…。」このような人は、「生死」の問題を他人のこと、世間のことと考えて、自分のこと、自分の問題と本気に考えていないからではないでしょうか。
 世はまさに何が起きるかわかりません。いつか必ず命も傷つき終わります。明日がその日にならんとも、です。
 親鸞聖人は「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞1人がためなり」と言わ
れました。浄土があると信じることは、他人事ではなく私自身の信心の問題です。私たちは死
んだらお浄土に往生させてもらう以外にないのです。
 お浄土とはどんな所でしょうか。阿弥陀経や観無量寿経には、実に美しくて、すがすがしく、にぎやかな世界であると説かれています。お浄土は、阿弥陀仏が成就された世界で、なくてはならない仏さまの世界であるのです。この世(現生)の生き方も浄土への道程と領解できましょう。